世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

    寿司一 (寿司/青森市/青森県)~朴訥な大将も魅力。こんなお寿司屋さんが好き

    青森、ねぶた祭りの展示場にて。寿司一さんの写真がないで代わりにどうぞ

    美味しくて楽しくて、食事の写真を撮るのをすっかり忘れてしまった!ということがごく稀にありますが、ここ寿司一さんがそうでした。
    初めてのお鮨屋さんに行くと、最初は少なからず緊張します。大将が気難しい人だったらどうしようとか、常連さんだけで盛り上がっていて場に馴染めなかったら惨めかも・・・。などと要らぬ心配をしたり。でもここ寿司一はまるで違っていました。たまたまカウンターには一組の常連らしき地元のカップルがいて、大将と楽しそうに話しながらすでに日本酒も結構飲んでいるようで、楽しそうなムード。お邪魔しますと挨拶してカウンターに座ります。ニコニコいい感じのカップルで良かったー。

    まぐろのハラミを白ネギと一緒に串に刺して炭火焼きにした一品。絶品!

    とりあえずビールから飲み始め、つまみとお寿司のお任せを頼んでお食事の始まりです。まず最初に出たのがなんとだし巻。お腹がペコペコの時に食べる絶品だし巻で、いきなりノックアウト。次は大きな車海老を焼いて、そのまま何も付けずにいただきます。プリプリで素晴らしい。そしてまぐろのハラミを白ネギと一緒に串に刺して炭火焼きにして登場。脂が乗ったマグロが口の中でとろけます。さすがに青森はネタの新鮮さが全く違うのです。何もかも美味しすぎて気分は最高潮。たくさんのつまみと共にお薦めの日本酒も合わせます。
    その頃にはお隣のカップルとも昔からの知り合いのように馴染んで、優しく朴訥な感じの大将と皆で盛り上がって楽しいおしゃべりが始まりました。大将は銀座 久兵衛で修業されたという超一流の腕を持つだけあって、この店は東北一の寿司屋との評価を受けています。さもありなん。

    まぐろのハラミを白ネギと一緒に串に刺した炭火焼きを持って幸せな私

    最後に8貫ほどのお寿司が出ました。小ぶりで柔らかいシャリが私好みでパクパクいける。
    その後入ってきた予約なしのお客さんを大将は断りました。カウンターにはあと2組は入れそうなのに、常連カップルと私たち2人の計4人だけで、最後まで貸切状態にしてくれたのです。大将ありがとう!!
    お客様にはゆったりと寛いでもらいたいから、たくさん詰め込みたくないんですよ。今は悠々自適にのんびり、お客様と一緒に楽しんでやっていきたい、という風に奥さんがおっしゃっていました。
    最後に仲良しになった皆で記念撮影。楽しい思い出のひとときでした。
    あとでチェックして手元に残っていたのは、マグロの串を握った幸せそうなわたしの写真と、その記念撮影のものだけだったのです。
    (2019年10月訪問)

    レストラン名寿司一
    ジャンル寿司
    住所青森市本町4-4-15
    TEL017-773-3835
    予算ひとり30000円位から
    座席9席
    個室あり
    予約の可否完全予約制

     

    Follow Us !

    タイトルとURLをコピーしました